*

キャラ作り――背景となるエピソードを作る

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 原作的な方 ,

キャラ作り―エピソード

 

2008年44号掲載の銀魂キャラづくり講座2回目。1回目も44号だったんですけど、実は1つの号に2回分の講座が掲載さいれていたんですね。

そのテーマは、「エピソード」。キャラのバックボーンとなる生い立ちや、物語が始まるまで何をしていたのかといった背景、経緯を描いてやることがキャラの深みに繋がる…ということです。

そしてもう1つ、このバックボーンが1回目の講座で取り上げられたギャップとも大いに関わるものですね。

ギャップとは2つの異なる側面が同じキャラの中に同居していることによる可笑しさや意外性を感じさせてくれますが、その片方の側面に関わってくるものがバックボーンであるでしょう。

多くの場合、ギャップとは「真面目な側面」と「ふざけた側面」の差によって生み出されますが、バックボーンは基本的に「真面目な側面」に関わるものですね。「こんな壮絶な人生を歩んできたこいつは、だからこんな信念を持っている」という真面目な側面です。

そして、そんな信念を持っている奴が、一方で何かふざけていたり不思議な趣味とか癖を持っていたりすることでギャップが生まれる。そうして1人のキャラクターが作られていくのですね。

関連記事

ギャグマンガの描き方――その発想方法?

  2009年13号掲載のギャグマンガの描き方について。

記事を読む

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかりを駆使してマンガを作っているか

記事を読む

話作りの秘密――ネタの捻り方は実はキャラ作りにも通じる

  2008年6・7合併号掲載の、ネタ作りに関する内容。1

記事を読む

キャラ作り――キャラの性格を考えよう

クリック拡大。 2009年第8号掲載、キャラの性格に関する講座です。 何か適当な

記事を読む

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきますが、その能力設定をどんなふう

記事を読む

キャラ作り――効果的な魅せ方

クリックで拡大。 2008年49号掲載のネウロによるキャラ作り講座です。テ

記事を読む

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。 いろいろと凝った

記事を読む

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^) いや、鬼道の詠唱

記事を読む

キャラ作り――説得力のある設定とは何か

今回のテーマは、「キャラを読者の中に定着させること」です。そのために解説されていたのが、

記事を読む

話作りの基本――読者目線を意識する

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑