*

『SKET DANCE』篠原健太先生にインタビュー 2009年

公開日: : インタビュー

篠原先生にインタビュー

 

2009年20号に掲載の篠原先生インタビューです。

内容はやはりキャラについてですね。篠原先生がどんなところに注意してキャラを動かしているかが語られています。

この20号に掲載されていたのは、ボッスンが自らの出自を知る「Happy Birthday」のシリーズでした。話数にして80話ちょい。2007年に連載をはじめて、約2年の篠原先生は自分もまだまだであると認識していたのでしょう。「僕も試行錯誤の日々です。お互い頑張りましょう。」とは、今までの先生方のインタビューにはなかった等身大の言葉のようで、頑張ってみようって気になりますよね。

関連記事

『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征先生にインタビュー 2008年その2

2008年51号掲載の松井優征先生インタビューです。インタビューとしては2008年で2回

記事を読む

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生にインタビュー 2008年

2008年第31号に掲載された矢吹先生へのインタビュー記事。 その1と

記事を読む

トレジャー受賞の新人さんにインタビュー 荻野ケン先生

…はい。 えーと、今回はこの人のインタビュー記事です。  

記事を読む

松井優征先生「話を纏めるためだけのキャラはわざとらしくなる」

松井優征先生によるキャラ作りのコツ。それは、「主役脇役に関わらず、極力キャラに入り込むことで血を通わ

記事を読む

『銀魂』空知英秋先生にインタビュー 2008年その2

  2008年46号掲載の空知先生インタビューです。2008年のインタビューと

記事を読む

『銀魂』空知英秋先生にインタビュー 2008年

2008年13号に掲載の空知英秋先生インタビュー記事です。 せっかくの

記事を読む

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生に描き分けについてインタビュー 2009年

  2009年17号に掲載の矢吹先生インタビューです。 描き分け講座の

記事を読む

『BLEACH』久保帯人先生にインタビュー 2009年

  2009年第1号に掲載の久保帯人先生インタビューです。 そのオ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑