*

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 原作的な方 , , , ,

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

いや、鬼道の詠唱とか斬魄刀の解号とか久保先生ってポエミーでオサレな印象が強いんですけど、そんな個人のセンスばかりに頼った描写だけでなく実はしっかり計算した上で決めシーンを演出しているという一面もあったんですね。

その例がこちら。

200902コマ割りと構図で魅せる 
2009年2号に掲載のコマ割りの工夫です。クリック拡大。

片方はバトルシーンにおけるカメラワーク。もう片方は、主人公の感情を強調するためのコマの使い方。

普通に読んでいる時は全く気づかないで流している場面だと思いますが、つぶさに見てみると実はしっかり意味のあるコマ割りになっているんですね。

説明されている内容がいちいち頷けてしまうのがニクイ。

もう1つ。

201039惹きつけるコマ割り
2010年39号掲載のコマ割り講座です。

ここでは印象づけたいシーンへ向かって、いかにそこへのタメを作るかということが意識されたコマ割りになっているんですね。上の画像の左側と同じような意味合いを持つものですが、こちらのほうがよりはっきりとそうした意図がわかるように作られています。

ここで使われているのは、どちらも「あえて全景を見せずに一部ばかり描くことで助走とし、ページをめくった大ゴマや見開きで全体を見せる」というもの。 言ってみれば同じ手法なんですが、こうして並べて示されても別にくどさはないですね。それどころか普通に取り入れていい演出方法という感じです。

魅せたいシーンへ向かって逆算したコマ割りを行うこと。

ただキャラたちのオサレな姿ばかりを見せようとしているように見えるオサレ先生も、実はそれをしっかり計算した構成の上で行っていたという例です。

…もしも、こうした構成を全く意識することなく、素でやってるんだとしたらホントに末恐ろしいセンスの持ち主だと思います(;^ω^)

関連記事

話作りの基本――読者目線を意識する

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話

記事を読む

キャラ作り――セリフで魅せろ

クリック拡大。 2009年第4・5合併号掲載、セリフにこだわれという指南です。

記事を読む

松井優征先生によるオリジナリティー講座

  クリック拡大。 2008年52号に掲載された松井先生のオリジナリテ

記事を読む

キャラ作り――キャラの性格を考えよう

クリック拡大。 2009年第8号掲載、キャラの性格に関する講座です。 何か適当な

記事を読む

キャラ作り――効果的な魅せ方

クリックで拡大。 2008年49号掲載のネウロによるキャラ作り講座です。テ

記事を読む

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。 いろいろと凝った

記事を読む

ギャグマンガの描き方――その発想方法?

  2009年13号掲載のギャグマンガの描き方について。

記事を読む

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関する話ですね。 銀

記事を読む

キャラ作り――主人公の相対的な部分と絶対的な部分を考える

2008年10号の『銀魂』による主人公たちその他キャラ作りの講座です。主人公、読者視点キャ

記事を読む

キャラ作り――オリジナリティーのあるキャラを作るには

  クリック拡大。 2008年14号に掲載のキャラ作り指南ページで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑