*

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

公開日: : 原作的な方 , , ,

この記事の続きです。

オサレ先生と言われて、センスばかりを駆使してマンガを作っているかのようなイメージのある久保先生ですが、実は結構計算の上で決めシーンを演出しているのではないかと考えてみた前回。

今回もまた、それに沿った実例を見ていこうと思います。

読者を飽きさせない構図

1つ目はこちらのシーン。

201040飽きさせない構図

 

2010年第40号に掲載の解説です。
「読者を飽きさせない構図」として、2つのシーンが取り上げられています。

右側は、前回も触れたコマ割りと関わるものですね。

あえて全体図を描くことなく、部分的に少しずつ見せていくことで次の大ゴマにやってくる全体を印象的に見せようと企図する演出手法です。

構図、という意味では左側の方がよりテーマに近いでしょう。「緊張感を高める構図」として説明されている藍染と平子の会話シーンです。

因縁のある2人が対峙しているシーンにおいて、それぞれの顔を描いたコマの距離を縮めることで今にも激突しそうな緊張感を生み出しているんですね。

セリフを印象的に魅せる

続いての例はこれ。

201041セリフを印象的に魅せる

2010年第41号掲載の講座です。テーマは「セリフを印象的に魅せる」こと。

護廷十三隊と仮面の軍勢との邂逅場面で、誰の敵で誰の味方か、ということを印象的に描いたシーンです。

解説の中では「敵」「味方」という2つのワードが何度も登場することによる両者の関係性の強調という部分が説明されていますが、他にもそれを補完する手法として、コマ割りが極端にシンプルになっていることが挙げられるでしょう。

長方形のコマが淡々と並び、殆ど一切の動きや流れといったものが存在しない中で、ただセリフのみが流れていく。意図的にセリフに対しての注目を集めるためのコマ割りでしょう。

そうして注目させたセリフで、2つのワードが何度も登場して、最終的には「主人公」に帰着するという構成。少年漫画として実に正しい行き先ですね。

やっぱり久保先生は計算して決めシーンを演出している

オサレオサレと言われて、描きたいことや描きたいシーンを描きたいように描いているかのようなイメージも実は持ってた久保先生。ですが、演出手法をこうした形で解説されると、必ずしもそういうわけでもなさそうだということに気がつきますね。

あるいは、そのセンスによって「魅せ方」までも何となく把握していらっしゃるのかもしれませんが…

そんな風に演出にページを割いてるから1週の中身が薄くなるんだよというツッコミは禁止でしょうか。

関連記事

キャラ作り――説得力のある設定とは何か

今回のテーマは、「キャラを読者の中に定着させること」です。そのために解説されていたのが、

記事を読む

ギャグマンガの描き方――その発想方法?

  2009年13号掲載のギャグマンガの描き方について。

記事を読む

話作りの基本――読者目線を意識する

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話

記事を読む

松井優征先生によるオリジナリティー講座

  クリック拡大。 2008年52号に掲載された松井先生のオリジナリテ

記事を読む

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^) いや、鬼道の詠唱

記事を読む

キャラ作り――決めのセリフを印象的に演出するには

  2008年45号掲載の銀魂キャラ作り講座3回目です。テーマはセリフの力、と

記事を読む

話作りの秘密――ネタの捻り方は実はキャラ作りにも通じる

  2008年6・7合併号掲載の、ネタ作りに関する内容。1

記事を読む

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきますが、その能力設定をどんなふう

記事を読む

キャラ作り――キャラの性格を考えよう

クリック拡大。 2009年第8号掲載、キャラの性格に関する講座です。 何か適当な

記事を読む

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。 いろいろと凝った

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑