*

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

公開日: : 原作的な方 , ,

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

いろいろと凝った設定と世界観を考えたために、作中での説明がやたら複雑なことになってしまって、結局よく分からなくなってしまうというあの現象。本気で作品を1つ作り上げようと意気込めば意気込むほど、空回ってよけいわかりにくくなっていくあの感覚は、おそらくどの新人さんも悩んでいるところであるでしょう。

そんな悩みを解決する1つのヒントになりそうなコツがこれ。
2009年第27号に掲載の講座です。

200927設定を形にする 

設定をカタチにすること。

岩代俊明先生の『PSYREN』において設定と世界観のキモとなっているのは、「電話を通して現代と荒廃した未来世界を行き来すること」と、「その移動を意図的に引き起こしている何者かがいること」でした。

言葉や光景のみで説明しようとすれば、どうしても台詞が増えてテンポも悪くなり緊迫感も薄くなります。それを解決したのがテレホンカードとネメシスQだったわけです。

現代と未来を行き来することになった者が持つキーアイテムとしてのテレホンカード。画像の講座では、このテレカを「設定を理解するための入り口」として説明していますが、もう少しわかりやすく言い換えると「象徴」ということになるでしょうね。

このテレカを持っている奴は、現代と未来を往復している。その不思議現象に囚われている者を象徴するためのアイテムなのです。たとえば新キャラを登場させて、そいつがテレカを持っていたら。あるいは主人公たちの誰かがテレカを奪われたり失くしたりしたら。

未来世界との往復という不思議現象を「カタチ」として象徴するアイテムを置いてやることで、そんな話の広がりを持たせることができるんですね。これがもしテレカがなければ、主人公たちの状況を作中で誰に説明するにも面倒な作劇が必要になることでしょう。テレカがあるから、マツリ先生が「経験者」であることが一瞬で証明できたわけですね。

ネメシスQも同様です。未来世界との往復を強制している奴がいること。そして秘密結社の噂。明らかに胡散臭い存在を、ただ噂や伝聞などで説明するのではなく、実際に主人公たちの前に現れる怪人として描く。それによって、主人公たちも読者も、確かに何やら得体の知れない奴がこの状況に関係していることを察することができるわけです。

未知の世界に飛ばされてしまったことに衝撃を受けたり、「謎の組織があるらしい」とか「殺された人もいるらしい」とかの噂を説明するだけでは「何となく」で終わってしまうんですね。そこに正体不明の怪人が登場することで、今の状況が偶発的に引き起こされたのではなく「何者かによって巻き込まれた」ものであることがはっきりし、そこに何らかの企みが想定されるという緊張感を生み出すことができるわけです。

ここで怪人が登場しなければ、超常現象が偶然発生した可能性も残されることになり、主人公たちには多少の緊張感とともに「未知の世界に来た」という好奇心も存在しておかしくないでしょう。もちろんそういう作品にしたいということもあるでしょうが…。

設定を「象徴」するアイテムを置いてやること。

特に複雑な設定となりやすいファンタジー作品なんかでは、有効な方法であるでしょう。

説明の手間を省くためのアイテム。あとは、具体的にどんなモノにするか、が問題となるだけですね。そこはもう作者本人のセンスに掛かっているでしょう。

関連記事

キャラ作り――効果的な魅せ方

クリックで拡大。 2008年49号掲載のネウロによるキャラ作り講座です。テ

記事を読む

キャラ作り――オリジナリティーのあるキャラを作るには

  クリック拡大。 2008年14号に掲載のキャラ作り指南ページで

記事を読む

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関する話ですね。 銀

記事を読む

話作りの秘密――ネタの捻り方は実はキャラ作りにも通じる

  2008年6・7合併号掲載の、ネタ作りに関する内容。1

記事を読む

話作り――飽きさせない画面の作り方

クリック拡大。 2008年50号掲載のネウロによる講座2回目。今回のテ

記事を読む

キャラ作り――セリフで魅せろ

クリック拡大。 2009年第4・5合併号掲載、セリフにこだわれという指南です。

記事を読む

ギャグマンガの描き方――その発想方法?

  2009年13号掲載のギャグマンガの描き方について。

記事を読む

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきますが、その能力設定をどんなふう

記事を読む

松井優征先生によるオリジナリティー講座

  クリック拡大。 2008年52号に掲載された松井先生のオリジナリテ

記事を読む

キャラ作り――説得力のある設定とは何か

今回のテーマは、「キャラを読者の中に定着させること」です。そのために解説されていたのが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑