*

話作りの秘密――ネタの捻り方は実はキャラ作りにも通じる

公開日: : 最終更新日:2014/07/27 原作的な方 ,

ネタの秘密20080607_1

 ネタの秘密20080607_2

2008年6・7合併号掲載の、ネタ作りに関する内容。1話完結を基本とするこち亀をモチーフにして、いかに話を作っているかが解説されています。

これは2008年当時の内容ですが、2014年現在、今でもそのスタイルがほとんど変わっていないのは凄いことですね。

毎回の話のテーマが違う作品では、キャラが強いことが必要不可欠となります。ストーリーとしての軸が少ない代わりに、キャラによって話が展開していかなければ刺激も面白味もないからです。その意味では、両さんやその他の濃いキャラたちを抱えるこち亀はキャラ作りに最も成功している作品の1つとも言えるでしょう。

同じ性質を持っているのが『銀魂』や『SKET DANCE』ですね。とにかくキャラが面白い奴らだから、そいつらが何かやってるだけで話が出来上がるというもの。「マンガは何よりキャラが大事」と言われるのはそこに理由があります。

とにかくキャラがしっかりしていれば、物語の軸なんてなくても作品になるんですね。それでいて、同じネタでも違うキャラが関係すれば違う話になるわけです。

その意味では、ここで解説されているネタの捻り方は、キャラ作りに繋がるものということができるでしょう。

解説の内容に即すなら、ネタの妙は「組み合わせの妙」でもあります。一見関係のないものを組み合わせたら何がどうなりそうかということ。その上で、作品の変なキャラたちがそれに絡むとなれば、さらにおかしなことになっていくことでしょう。そこにこそ、本当に無限の可能性があると言えないでしょうか。

関連記事

キャラ作り――説得力のある設定とは何か

今回のテーマは、「キャラを読者の中に定着させること」です。そのために解説されていたのが、

記事を読む

話作りの基本――読者目線を意識する

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話

記事を読む

キャラ作り――キャラの性格を考えよう

クリック拡大。 2009年第8号掲載、キャラの性格に関する講座です。 何か適当な

記事を読む

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかりを駆使してマンガを作っているか

記事を読む

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。 いろいろと凝った

記事を読む

キャラ作り――背景となるエピソードを作る

  2008年44号掲載の銀魂キャラづくり講座2回目。1回目も44号だったんで

記事を読む

キャラ作り――オリジナリティーのあるキャラを作るには

  クリック拡大。 2008年14号に掲載のキャラ作り指南ページで

記事を読む

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関する話ですね。 銀

記事を読む

話作り――飽きさせない画面の作り方

クリック拡大。 2008年50号掲載のネウロによる講座2回目。今回のテ

記事を読む

キャラ作り――効果的な魅せ方

クリックで拡大。 2008年49号掲載のネウロによるキャラ作り講座です。テ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑