*

『銀魂』空知英秋先生にインタビュー 2008年

公開日: : 最終更新日:2014/07/27 インタビュー

空知先生インタビュー200813

2008年13号に掲載の空知英秋先生インタビュー記事です。

せっかくのインタビューなのに聞いてる質問がたった2個とかもったいないよなー。

1つ目の質問はギャグを入れる時の工夫について。

ギャグを入れるんですからもちろんコメディパートでの話になりますね。しかしここでは、さらっと重要な事が言われています。シリアス部分ではキャラを出しづらいそうです。

考えてみれば当然ですね。真剣な雰囲気で敵に相対したり、戦ったりしている時にギャグは入れられません。ギャグが入れられないということは、ギャップだったりおかしな趣味だったりといったものを挟むことが出来ず、そいつをそいつたらしめている要素を強調することが出来ないことになるわけです。

だからこそギャグパートで存分におかしなことをさせまくっておくことで、シリアスパートでそのキャラの個性と雰囲気を損なわずに真剣な表情やセリフを言わせることができるのでしょう。

そして2つ目の質問は、新人時代の打ち合わせ頻度について。毎日6ページ描いて持って来いとは結構な厳しいノルマですね。銀魂は今でも割と締め切りギリギリになることが多いて噂を聞きますが、その頃の特訓があったからこそ今ギリギリで済んでいるんでしょうか。

ただ、締め切りがないことにはどうにもやる気がでないことも心理的な事実ではあります。いつでもいいやーなんて思ってたら原稿の完成もデビューも遠のくばかりでしょう。その意味では、毎月募集のあるトレジャーは欠点も持ってますよね。何か間に合わなそうだから来月でいいや、って思っちゃったら永遠に投稿はできないでしょうし。

何月分に投稿する、ということを決意しないことには始まらないとすれば、その締め切りを自分に決断させるきっかけや理由を何にするか、あるいはそれも、自分自身を理解しているかどうかの1つなのかもしれません。

関連記事

『銀魂』空知英秋先生にインタビュー 2008年その2

  2008年46号掲載の空知先生インタビューです。2008年のインタビューと

記事を読む

『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征先生にインタビュー 2008年その2

2008年51号掲載の松井優征先生インタビューです。インタビューとしては2008年で2回

記事を読む

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生にインタビュー 2008年

2008年第31号に掲載された矢吹先生へのインタビュー記事。 その1と

記事を読む

トレジャー受賞の新人さんにインタビュー 荻野ケン先生

…はい。 えーと、今回はこの人のインタビュー記事です。  

記事を読む

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生に描き分けについてインタビュー 2009年

  2009年17号に掲載の矢吹先生インタビューです。 描き分け講座の

記事を読む

松井優征先生「話を纏めるためだけのキャラはわざとらしくなる」

松井優征先生によるキャラ作りのコツ。それは、「主役脇役に関わらず、極力キャラに入り込むことで血を通わ

記事を読む

『BLEACH』久保帯人先生にインタビュー 2009年

  2009年第1号に掲載の久保帯人先生インタビューです。 そのオ

記事を読む

『SKET DANCE』篠原健太先生にインタビュー 2009年

  2009年20号に掲載の篠原先生インタビューです。 内容はやはり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑