*

話作りの基本――読者目線を意識する

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 原作的な方

作り方の基本 読者目線を意識する1

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話作りにおける基本の1つである「読者目線」が説明されています。

例によって解説が読めないと思いますので、全文抜粋。

チェック1 登場
冒頭、情景のコマが小さかったり、主人公の紹介が不十分であったりと、読み進める上で根幹となる情報が無いため、読者はその漫画の内容を理解できない。説明的にならぬように工夫しながら、読者に情報を伝えていこう。読者に理解させることが漫画の面白さを倍増させるのだ。

チェック2 設定
新人が陥りがちなミスに”設定の詰め込み過ぎ”がある。この漫画でも詰め込み過ぎたため、その複雑な設定を説明しきれていない。思いついた設定すべてを詰め込むのではなく、キャラを活かす設定づくりを心がけよう。設定を詰め込み過ぎて漫画の面白さが半減したら本末転倒だ。

作り方の基本 読者目線を意識する2

チェック3 動機
何故主人公は怒っているのか、主人公とミネツグはどういった関係なのか、それらが一切説明されぬままに話が進むため、読者は全く感情移入できない。キャラの行動には必ず動機がある。そこをちゃんと描き、読者の感情移入を上手く促すのだ。

チェック4 オチ
漫画に対する読者の印象は、オチが決めると言っても過言ではない。今回の漫画のように、オチコマの前に漫画を描いているシーンを入れてしまうと、オチが予想出来てしまう。時系列的に行動を描き並べるのではなく、オチを活かす構成を考えよう。

まとめ
今回挙げたミスは、そのほとんどが読者に対する意識の欠如から来ているものだ。ペンいれする前に友人に見せたりし、自分の漫画に足りない読者目線を補おう。

 

まあホントに基本的な内容ですね。むしろ、こんな基本的な内容を説明するために穴だらけの2ページ漫画を描けと言われて描いた人のほうが凄いのかもしれません。

関連記事

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきますが、その能力設定をどんなふう

記事を読む

ギャグマンガの描き方――その発想方法?

  2009年13号掲載のギャグマンガの描き方について。

記事を読む

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかりを駆使してマンガを作っているか

記事を読む

キャラ作り――オリジナリティーのあるキャラを作るには

  クリック拡大。 2008年14号に掲載のキャラ作り指南ページで

記事を読む

キャラ作り――キャラの性格を考えよう

クリック拡大。 2009年第8号掲載、キャラの性格に関する講座です。 何か適当な

記事を読む

キャラ作り――決めのセリフを印象的に演出するには

  2008年45号掲載の銀魂キャラ作り講座3回目です。テーマはセリフの力、と

記事を読む

キャラ作り――説得力のある設定とは何か

今回のテーマは、「キャラを読者の中に定着させること」です。そのために解説されていたのが、

記事を読む

キャラ作り――背景となるエピソードを作る

  2008年44号掲載の銀魂キャラづくり講座2回目。1回目も44号だったんで

記事を読む

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関する話ですね。 銀

記事を読む

キャラ作り――セリフで魅せろ

クリック拡大。 2009年第4・5合併号掲載、セリフにこだわれという指南です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑