*

「 インタビュー 」 一覧

『SKET DANCE』篠原健太先生にインタビュー 2009年

  2009年20号に掲載の篠原先生インタビューです。 内容はやはりキャラについてですね。篠原先生がどんなところに注意してキャラを動かしているかが語られています。

続きを見る

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生に描き分けについてインタビュー 2009年

  2009年17号に掲載の矢吹先生インタビューです。 描き分け講座の最終回としてのインタビューで、話の内容はやはり描き分けについてのもの。これまで講座として説明されてき

続きを見る

『BLEACH』久保帯人先生にインタビュー 2009年

  2009年第1号に掲載の久保帯人先生インタビューです。 そのオサレさに関心を持った内容になっているのは、編集部も久保先生に聞くならこれだろと認識しているんですね。

続きを見る

『銀魂』空知英秋先生にインタビュー 2008年その2

  2008年46号掲載の空知先生インタビューです。2008年のインタビューとしては2回目ですね。 その作風からはふざけているようにみえる空知先生も、こうして話を聞い

続きを見る

『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征先生にインタビュー 2008年その2

2008年51号掲載の松井優征先生インタビューです。インタビューとしては2008年で2回目となりますね。 1回目はこちら。 偶数ページはお宝の山、とはなかなか新

続きを見る

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生にインタビュー 2008年

2008年第31号に掲載された矢吹先生へのインタビュー記事。 その1となってますが、ということはもちろんその2があります。そして、その2の内容のほうが誰もが知りたいことを

続きを見る

トレジャー受賞の新人さんにインタビュー 荻野ケン先生

…はい。 えーと、今回はこの人のインタビュー記事です。   2008年第15号に掲載された、当時トレジャー佳作を受賞して間もない荻野ケン先生のインタビューです。

続きを見る

松井優征先生「話を纏めるためだけのキャラはわざとらしくなる」

松井優征先生によるキャラ作りのコツ。それは、「主役脇役に関わらず、極力キャラに入り込むことで血を通わせる」こと。なぜなら、「話を纏めるためだけにキャラを作るとわざとらしくなる」から。 ここ

続きを見る

『銀魂』空知英秋先生にインタビュー 2008年

2008年13号に掲載の空知英秋先生インタビュー記事です。 せっかくのインタビューなのに聞いてる質問がたった2個とかもったいないよなー。 1つ目の質問はギャ

続きを見る

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑