*

『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征先生にインタビュー 2008年その2

2008年51号掲載の松井優征先生インタビューです。インタビューとしては2008年で2回目となりますね。 1回目はこちら。 偶数ページはお宝の山、とはなかなか新

続きを見る

話作り――飽きさせない画面の作り方

クリック拡大。 2008年50号掲載のネウロによる講座2回目。今回のテーマは「飽きさせない画面の作り方」。 『暗殺教室』でもそうですが、『ネウロ』を描いてい

続きを見る

キャラ作り――効果的な魅せ方

クリックで拡大。 2008年49号掲載のネウロによるキャラ作り講座です。テーマは「魅せ方」。 登場時の様子を前フリとして、その正体は実は…というのを強調する構成

続きを見る

キャラ作り――決めのセリフを印象的に演出するには

  2008年45号掲載の銀魂キャラ作り講座3回目です。テーマはセリフの力、ということでキャラ作りと同時に話作りとも関わるものとなっています。 決め台詞というほど有名

続きを見る

キャラ作り――背景となるエピソードを作る

  2008年44号掲載の銀魂キャラづくり講座2回目。1回目も44号だったんですけど、実は1つの号に2回分の講座が掲載さいれていたんですね。 そのテーマは、「エピソー

続きを見る

可愛い女の子の描き方その2――矢吹先生にさらにインタビュー

  2008年34号に掲載の、矢吹先生へのさらにインタビュー記事です。 矢吹先生による具体的なテクニックが解説されていますね。『ダークネス』になって、ヒロインたちの

続きを見る

可愛い女の子の描き方――矢吹先生にインタビュー

    2008年33号掲載の矢吹先生インタビュー記事その2がこちら。 当時『ToLOVEる』を連載していた矢吹先生。インタビューするなら当然聞きたい

続きを見る

『ToLOVEる』矢吹健太朗先生にインタビュー 2008年

2008年第31号に掲載された矢吹先生へのインタビュー記事。 その1となってますが、ということはもちろんその2があります。そして、その2の内容のほうが誰もが知りたいことを

続きを見る

話作りの基本――読者目線を意識する

2014/07/12 | 原作的な方

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話作りにおける基本の1つである「読者目線」が説明されています。 例によって解説が読めない

続きを見る

トレジャー受賞の新人さんにインタビュー 荻野ケン先生

…はい。 えーと、今回はこの人のインタビュー記事です。   2008年第15号に掲載された、当時トレジャー佳作を受賞して間もない荻野ケン先生のインタビューです。

続きを見る

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑