*

話作り――展開でギャップを演出する

公開日: : 原作的な方 , ,

ギャップ200921

クリック拡大。

2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関する話ですね。

銀魂でもギャップをテーマにした話はありましたが、SKET DANCEでもやったようです。ただこれ、説明されている素材はギャップを解説するのに合っているような気はあんまりしないんですよね。

取り上げられているのは第1話の演出です。転校生に対するスケット団の異様な様子と、その転校生が巻き込まれた事件を解決する時の主人公ボッスンのセリフ。ここにギャップが有るように説明されているわけですが…。

確かにギャップあるのかもしれないですが、これボッスンのギャップじゃないんですよね。話というか、展開のギャップなんです。で、それを考えるには画像内にある情報だけでは足りてなくて。もう1つのことを合わせて考えないといけないんですよね。この第1話では、事件の犯人が彼らに相談を持ちかけてきた転校生その人だったことです。

ペンキ仮面と言われるペンキぶっかけ男にやられたという相談をスケット団に持ってきた転校生。ですが、実際には彼が自らペンキをかぶったのを人にやられたように見せていただけでした。しかし、実はそれも脅されていて…というところで転校生に対する救いが入ることになるんですが。

この「犯人が転校生」という展開が、第1話の肝であり、ギャップのシメとして取り上げられているのはそれが判明した後に、やむなく自分でペンキをかぶったんだという転校生にボッスンが友達なんだから俺だって同じ目にあってやると自分も頭からペンキをかぶった上で叫ぶというシーンなのです。

つまり、それまで視点キャラ的にスケット団を読者に見せる役割だった転校生が犯人だったこと、からの、彼が脅されてやろうとしていたペンキぶっかけを自らやるという流れにギャップを演出することができるんです。

序盤のおふざけキャラと、ラストの真剣な表情という違いでキャラのギャップ演出…というのも間違いではないんですが、それよりもこのシーンでは「流れのギャップ」という方がより重大なのではないかと思いますね。

関連記事

キャラ作り――主人公の相対的な部分と絶対的な部分を考える

2008年10号の『銀魂』による主人公たちその他キャラ作りの講座です。主人公、読者視点キャ

記事を読む

話作りの基本――読者目線を意識する

2008年第16号に掲載の素材用マンガ。誰が描いたか知りませんが、これを悪い見本として話

記事を読む

話作り――飽きさせない画面の作り方

クリック拡大。 2008年50号掲載のネウロによる講座2回目。今回のテ

記事を読む

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかりを駆使してマンガを作っているか

記事を読む

松井優征先生によるオリジナリティー講座

  クリック拡大。 2008年52号に掲載された松井先生のオリジナリテ

記事を読む

キャラ作り――決めのセリフを印象的に演出するには

  2008年45号掲載の銀魂キャラ作り講座3回目です。テーマはセリフの力、と

記事を読む

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきますが、その能力設定をどんなふう

記事を読む

キャラ作り――説得力のある設定とは何か

今回のテーマは、「キャラを読者の中に定着させること」です。そのために解説されていたのが、

記事を読む

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^) いや、鬼道の詠唱

記事を読む

キャラ作り――オリジナリティーのあるキャラを作るには

  クリック拡大。 2008年14号に掲載のキャラ作り指南ページで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

設定を言葉だけで説明するからわかりにくくなる

今回の話は、特に新人さんのうちにやりがちな失敗ではないかと思います。

BLEACH やっぱり久保帯人先生は計算して決めシーンを演出している

この記事の続きです。 オサレ先生と言われて、センスばかり

BLEACH 久保帯人先生だって計算して決めシーンを演出している

…何か久保先生にえらく失礼なタイトルになったような(;^ω^)

特殊能力設定のコツ キャラの長所と短所を考える

バトルマンガを描くにはどうしても「キャラごとの能力」が必要になってきま

話作り――展開でギャップを演出する

クリック拡大。 2009年21号掲載のキャラ講座。ギャップに関

→もっと見る

PAGE TOP ↑